2008年11月01日

『怪獣大戦争』雑感...

いや〜、ビックリしたのが初めて観るたぶん輸出用の東宝マーク。あれ?ってビックリしたのもつかの間、もっと驚いたのがオープニング中に上部に出る髪の毛のようなゴミ。このゴミ本編でも3回ぐらい出てきます。きちんと洗浄&クリーニングしてデジタル修正したんじゃないのかい!って突っ込みを入れたくなるような髪の毛ゴミでしたwだってこれじゃぁ『スペクトルマン』のオープニングの汚さと大差ないじゃありませんか?どうしてデジタルで取れないのか?不思議でなりません。画質的には『三大怪獣』より少し落ちるかな?しばらく観ると慣れてきますが『モスラ対ゴジラ』『三大怪獣』も同傾向で画面が暗いです。確か日専HDで放送した『地球防衛軍』や『フラバラ蛸版』『電送人間』はそんなに暗く感じなかったと思うのですが...

『怪獣大戦争』のタイトルとラストの丸Cマーク内の『怪獣大戦争』の文字。これは『三大怪獣』と同じく81年に発売されていた2万5千円のソフトでも『三大怪獣』と違ってオリジナルタイトルでは無く『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』になっていました。復活フェスティバル・ゴジラ1983でのニュープリントノーカット版上映でもチャンピオン祭り版のタイトル『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』になっていて(中身はノーカット版)、後に出た予告編集でも『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』だったので観ることは出来ないのかぁ。と半ばあきらめていたところ、『三大怪獣』の項で書いた通りLD発売時の中身の改定で、購入時にいきなり『怪獣大戦争』とオリジナルタイトルが出たときは始めて観れて感激しました。たかがタイトル。されどタイトルですwこのこだわりがマニアなのでしょうかね?良く観ると、このLDのオープニングとエンディングだけ画質、音質が一瞬変わります。たぶん、部分差し替えだろうと当時も容易に想像できましたが今回のハイビジョン版を観ると輸出版のフィルムから持ってきたんでしょうかねぇ?

そのうち、レストアのゴミの疑問、キンゴジの再紛失?ネガの疑問、怪獣大戦争の東宝マークの疑問、BD化における音声は?(多元磁気4Ch)など どっかのライターが総括して取材してくれないもんでしょうかねぇ?
posted by たじまんず at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴジラ/特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22250622
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック