2008年11月01日

『三大怪獣 地球最大の決戦』雑感...

久しぶりに観たけど、画質は向上していて安定感のある画面でした。さすがにお台場冒険王ファイナルに選ばれた作品だけのことはある。しかし、合成のあるシーン、特撮シーン、ライブシーン、野外、セットとシーンよってこんなに画質ってバラつきがあるもんなんですね。あと昔の湾曲したスクリーンによくあったスコープサイズでの左右のボケがかなり目立ったんですが、従来のソフトでもあったっけ?LDをはるか昔に売却してハイビジョン版ソフトを待っていた身としては確認が出来ません。CMでも頻繁に流れていた合成の無い特撮シーンの一部で、山間でキングギドラにゴジラが橋の前で倒されるシーンの画質が見事でついさっき撮ったかのような綺麗さでしたねぇ。

このソフト、一番初めに買ったのが81年頃の1本2万5千円で前年が5万円だったソフト。もちろんトリミング&カット版で画質はボケボケのベータビデオだったのですが、当時チャンピオン祭り版しか記憶にない自分はタイトル部分が『ゴジラ・モスラ・キングギドラ』では無く、『三大怪獣』って出るとこだけでも2万5千円を出す価値がありましたよ。ホント!当時はそんなさりげないことが貴重だったんです!ジャケット写真は東宝ビデオ共通ジャケット。秋葉原にはまだビデオソフトすらまともに売っていなかった時代です。

これも初シネスコ&全長版はLDが初めでしたね。東宝って当時から告知がへたくそで、85年に東宝がLDに参入する時にはもう既にVCが何本か出ていましたが、それまでに内容修正しての再発売が無かったのでVCのラインナップにはシネスコ全長版作品、トリミング&全長版作品、トリミング&カット&低画質&高額作品がごちゃまぜになっていたのです。当然LD発売時にはそのままソフト化されるか?と思いきや特に告知せず黙ってトリミングやカット版の旧作はシネスコ&全長版に直して発売したのです。1年か2年間ぐらいVCの再発売がない間はVCとLDで同一タイトルでも中身が違うっていうトンデモメーカーだったワケです。東宝はwwで、『三大怪獣』は初LD化時に修正されたっていうことなんですよ。ちなみに『モスラ対ゴジラ』はシネスコ全長版の第一弾タイトルであったわけですからLD化時も同一マスターを使っています。結果、黄色にシフトされた絵ずらのLDになってしまていました。

で確か、復活フェスティバル・ゴジラ1983でもタイトルは『三大怪獣』じゃ無かった記憶がするけど..記憶違いかな?
posted by たじまんず at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴジラ/特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22249576
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック