2008年10月27日

『キングコング対ゴジラ』雑感..

90年代に欠落部分が見つかって補完された完全版LD&DVDが出たはずなのに...なぜ、また欠落部分がアップコンなのか謎のまま(もしかして再紛失?)な、『キングコング対ゴジラ』。東宝創立30周年記念作品のタイトルは出るけど、東宝マークは60年後期〜70年代のチャンピオン祭り版の東宝マーク。欠落部分のアプコンはそりゃもう観るに耐えないひどいものでしたが、さすがにHD部分は素晴らしいですね。フィルム傷もきれいに修復されていてホリゾントの破損部分や重なり部分。セットの文字までも綺麗に判別でします。また撮影カット毎に写した画のよしあしまでわかってしまい凄いです。ラストの戦いは固唾を呑みましたが、本当に色調の補正が良くなっていましたね。アプコン場面と比較すると良くわかります。緑が綺麗でした。

『キングコング対ゴジラ』というと81年から82年にかけて、土曜日に日米野球が何かの放送が日本テレビで予定されていて、その雨傘番組が『キングコング対ゴジラ』でした。中止になれー♪とファロ島の原住民のように祈っていましたら、なんと海の向こうのアメリカでストにより中止!その日のうちにストがわかっていたので愛機SL-J9になんと録画出来ます。けど当時はテープが1本¥4千円以上します。チャンピオン祭り版ということで1時30分以内のテープでOKでL-370のHGテープを奮発して買いに秋葉原まで出かけました。電車賃は定期でただ。当時のF商会はラジオ会館の6Fにあって知る人ゾ知るテープの安い店だったのです。午前中に買ってきて、午後2時にスタンバイ!リアルタイムにCMカットをして無事にチャンピオン祭り版『キングコング対ゴジラ』のエアチェックを完成させたのです!
posted by たじまんず at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴジラ/特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21961803
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック